2007年5月13日 初級登山教室

受講生の報告書より(抜粋)

桜淵= = =和市登山口- - -池葉守護神社- - -鹿島山912m- - -大鈴山1011m
7:15    8:30        9:20         9:40  9:50  10:50  11:05
- - -小明神- - -東の覗き- - -平山明神山970m- - -分岐- - -867ピーク- - -堤石峠
12:10 12:45     12:50   13:20   14:30     15:40
- - -十三曲- - -和市登山口= = =桜淵      解散
   16:13 16:30   17:30      17:45

コンパスの使い方・地図の見方の実技講習
危険箇所ではザイルを使ってのロープワークの練習も行う。
下山後テント張り方の講習を行う。

ルート概念図

桜淵公園の駐車場に集合して車乗り合わせて和市の駐車場へ行く。駐車スペースは10台前後ある。神社を経由して鹿島山山頂へ、樹林帯を進み歩きやすい。山頂の展望はない。ここで、コンパスの使い方の講習を行う。ここから大鈴山までは地図とコンパスを見て現在地を確認しながらの読図の勉強しながら歩いていった。大鈴山山頂では展望もよく三ツ瀬明神山も望めた。平山明神までの道は1箇所道がわからず立ち止まってしまう。ここでもコンパスで確認して進んでいく。岩場箇所がありロープを張ってもらい通過。東の覗きに寄ってから山頂へ到着。平山明神山は山頂からの展望は利かない。ここで、記念撮影・昼食後、ツェルトの使い方の講習を行う。867ピーク→堤石峠へは厳しいアップダウン・岩場があり、危険箇所はロープを使って通過。踏み外すと滑落してしまう岩場の通過箇所もあるので、充分注意が必要である。堤石峠の東海自然歩道についてホットする。十三曲を通って和市駐車場へ戻る。和市の駐車場に戻ってすぐ、テントの張り方の講習を行った。その後桜淵公園駐車場で解散となる。